>TOP  >クリニック紹介

クリニック紹介

駐車場から院内に至るまで、すべてバリアフリーになっています。車椅子の方も安心してご来院下さい。

奥戸メディカルモール入り口

奥戸メディカルモール入り口の写真

どらっぐぱぱす横の入り口より入って2階です。

共同待合

共同待合の写真

元気に泳ぐ熱帯魚がご覧になれます。

おおはら眼科入り口

おおはら眼科入り口の写真

2階奥が眼科になります。

受付

受付の写真

電子カルテを導入しており、会計までスムーズにご案内することができます。

待合室

待合室の写真

ベビーカーや車椅子の方のスペースもあります。

診察室

診察室の写真

電子カルテを導入しました。大型のモニターを用いて、わかりやすい説明を心がけています。

手術室

手術室の写真

最新の医療機器を備えた手術室です。クリーンルームのため、感染症対策も万全です。

院内の設備

白内障手術装置「ホワイトスターシグネチャー」(AMO社製)

白内障手術装置 「ホワイトスターシグネチャー」(AMO社製)の写真

当院では、世界最新テクノロジーを搭載した「ホワイトスターシグネチャー」を導入して白内障手術を行っています。患者様の目(組織)への負担を最小限に抑え、白内障手術の安全性を高めることができる器械です。

手術用顕微鏡「OPMI Lumera i」(Zeiss社製)

手術用顕微鏡「OPMI Lumera i」(Zeiss社製)の写真

当院では、世界的に品質の評価が高く、高性能な顕微鏡を導入し、安全かつ確実な手術を行っています。

光学的眼軸長測定装置 「IOLマスター」(Zeiss社製)

光学的眼軸長測定装置「IOLマスター」(Zeiss社製)の写真

目に触れずに、眼軸長測定を行うことができます。同時に角膜の屈折力や前房深度の測定もでき、白内障手術時に挿入する眼内レンズ(IOL)の適正度数を計算してくれます。光干渉の技術により±0.03mmの高い測定精度を有します。

ウェーブフロントアナライザー 「KR-1W」(トプコン社製)

ウェーブフロントアナライザー「KR-1W」(トプコン社製)の写真

角膜や水晶体の微妙なひずみ(収差)を分析することができます。角膜の病気の診断はもとより、適切な眼内レンズを選択するためにも必要な装置です、患者様の見え方のシミュレーションを行うこともできます。

光干渉断層計 「CIRRUS HD‐OCT 」(Zeiss社製)

光干渉断層計 「CIRRUS HD‐OCT 」(Zeiss社製)の写真

レーザー光を照射して得られる組織の情報を断層像として表示する機器で、目の奥の網膜や視神経乳頭などの構造を目に触れずに計測、解析出来ます。緑内障や、黄斑変性など網膜の疾患の診断、治療に用います。

スペキュラーマイクロスコープ 「EM-3000」(TOMEY社製)

スペキュラーマイクロスコープ 「EM-3000」(TOMEY社製)の写真

角膜内皮細胞を撮影し細胞面積や形状解析を行う装置です。主に白内障手術の適応を見るために用います。

オートレフケラトメーター「ARK-530」(NIDEK社製)

オートレフケラトメーター「ARK-530」(NIDEK社製)の写真

近視・遠視・乱視の強さを測ります。視力検査のときに使うレンズの度数を決めるために必要な検査です。

ノンコンタクトトノメーター「NT-530」(NIDEK社製)

ノンコンタクトトノメーター「NT-530」(NIDEK社製)の写真

角膜に圧縮空気を瞬間的に吹き付けることで、目に触れずに眼圧を測定することができる装置です。

視力表「SC-2000」(NIDEK社製)

視力表「SC-2000」(NIDEK社製)の写真

視力検査に用いる、液晶タイプの視力検査表です。

眼軸長測定装置「AL-3000」

眼軸長測定装置「AL-3000」の写真

超音波を用いて、高度白内障眼の眼軸長を測定する装置です。

レーザー光凝固装置「VISULAS 532s」(Zeiss社製)

レーザー光凝固装置「VISULAS 532s」(Zeiss社製)の写真

糖尿病網膜症や網膜裂孔などの眼底疾患や、緑内障の治療に用います。

ヤグレーザー手術装置「YC-1800」(NIDEK社製)

ヤグレーザー手術装置「YC-1800」(NIDEK社製)の写真

主に白内障手術後の後発白内障に対する治療で使用する、衝撃波タイプのレーザーです。急性緑内障に対する虹彩切開術にも使用します。

散瞳・無散瞳一体型眼底カメラ「VX-10」(KOWA社製)

散瞳・無散瞳一体型眼底カメラ「VX-10」(KOWA社製)の写真

眼底の写真を撮影します。散瞳(薬で瞳を広げること)をしなくても撮影でき、蛍光眼底造影の撮影も行うことができます。

自動視野計「HFAU」(Zeiss社製)

自動視野計「HFAU」(Zeiss社製)の写真

主に緑内障の診断や、経過観察に用います。HFAIIは従来の機器よりも精度が高く、測定時間も大幅に短縮されており、患者様の負担が軽減されました。

細隙灯顕微鏡「SL130」(Zeiss社製)

細隙灯顕微鏡「SL130」(Zeiss社製)の写真

患者様の前眼部(まぶた、結膜、角膜、虹彩、水晶体など)を顕微鏡で観察する器械です。観察された映像は、リアルタイムで電子カルテのモニターに映し出されます。

ポータブルスリットランプ「SL-15」(KOWA社製)

ポータブルスリットランプ「SL-15」(KOWA社製)の写真

手持ちの細隙灯顕微鏡です。小児や車椅子の方などで、細隙灯の顎台に顔をのせることができない方に用います。

手持ちオートレフケラトメーター HandyRef-K(NIDEK社製)

電子カルテ「REMORA」(PSC社製)の写真

近視・遠視・乱視の強さを測ります。お顔を通常のレフケラトメーターに乗せられない、小さなお子さんや体の不自由な方に対して便利な機器です。

手持ち眼圧計 アイケア(MEテクニカ社製)

細隙灯顕微鏡「SL130」(Zeiss社製)の写真

接触式の眼圧計です。椅子に移動しなくても検査ができ、痛みもなく素早く終わるため、車いすの方やお子様にも安心して検査することができます。

電子カルテ「REMORA」(PSC社製)

電子カルテ「REMORA」(PSC社製)の写真

当院は電子カルテを採用しております。診察室のモニターですべての検査結果を瞬時に確認することができ、患者様やご家族も一緒にご覧になりながら説明を聞くことができます。

Copyright © Oohara Ganka All Right Reserved.ページTOPへ